2019年10月17日木曜日

リーダーとしてのお悩み:学生気分が抜けていない新人

【あなたのストーリー】一緒に考えましょう

人間関係や仕事で気がかりなことや迷っていること、「あなたのストーリー」投稿お待ちしています。

リーダーとしてのお悩み:学生気分が抜けていない新人

ご自分の立場:新人の指導係(2年目の女 24歳)をサポートする立場
悩んでいる相手:今年入社の新人 (男 26歳)

===========
何を言っても響かず、改善されないので相手をする気が失せてしまった…。いわゆる学生気分が抜けていないので、仕事する際の優先順位がオカシイ。

業務知識や技術的な知識もなく、説明してもすぐに忘れる、参考ドキュメントは読まない、メールには気づかない、例え読んでいても理解していないし、自分に関係があると思っていないようで覚えていないことが多い。

質問に対する回答が的外れで、いちいち細かく聞かないといけない。10人中8人はこれで分かるよね、というレベルの質問を理解してくれない。

日本語能力が低く説明が極めて下手。同じ画面を見ているわけでもないのに「それがそうなります」という説明をするので意味がわからない。

先輩とか同僚へ敬意が感じられない独りよがりな言動が目立つ。敬語を使わない、挨拶や返事をしない、お礼も言わないし、先輩をナメてるし、他人に何かしてもらうのが当たり前のような態度に見える。

(ある勉強会でのお悩みより)
====

教科書「12のリーダーシップストーリー、課題は状況対応リーダーシップ®で乗り切れ」を使って考える

このリーダーシップストーリー(お悩み)の主人公は、入社2年目の24歳の女性社員です。この女性社員が、新人の指導係として、今年入社してきた男性新人(26歳)をサポートしています。

そのなかで起きたお悩みです。
この女性社員は指導する立場なので、ここでは「リーダー」と呼び、指導される立場の男性を「フォロアー」と呼びます。
教科書の参考ページ
p.57:タスクを進める「レディネス」はできているか
p.149:暗黙の期待は危険!
教科書にもある通り、リーダーシップは身分や肩書ではありません。「働きかけ」を行う人がリーダーで、「働きかけ」を受ける人がフォロアーです。働きかけを行うかどうかで、だれがリーダーかが決まります。

このように、だれでもリーダーになりうるということは、この教科書でもっとも重要なポイントです。
  • リーダーは「働きかけ」を行う人
  • フォロアーは「働きかけ」を受ける人
さて、リーダーシップの現状を整理・分析するのに役立つのが、リーダーシップ項目診断表です。

リーダーシップ項目診断表
(教科書 p203~)


リーダーシップ診断項目表の項目の順に、「現在、目の前で行わているリーダーシップは、どのような状態か?」を整理します。
  1. タスクはなにか?  
  2. リーダーとフォロアーははだれか? 
  3. タスク(目標)のすり合わせはできているか? 
  4. レディネスと最適リーダーシップはなにか?
  5. フォロアーの欲求はなにか?
まず、タスクですが、ここでは新人を指導しようとしているので、新人にやってもらいたいことをタスクと考えます。

タスクは、どのようにもとらえることができます。たとえば、「新人を指導する」でもいいですし、もうちょっと具体的な指導にしたければ、「業務に必要な知識や技術を指導する」というタスクも考えられます。

しかし、ストーリーを読んでみると、「日本語能力が低く説明が極めて下手。・・・先輩とか同僚へ敬意が感じられない独りよがりな言動が目立つ。敬語を使わない、挨拶や返事をしない、お礼も言わないし・・・」、このあたりがどうも問題の原因として大きそうな感じがします。

そこで、ここではフォロアーにやってもらいたいタスクとして、「日常業務を社会人として円滑に行う」 を掲げてみましょう!

働きかけを行うリーダーは女性リーダー、働きかけを受けるフォロアーは新人男性。

次の項目は、「タスク(目標)のすり合わせ」です。リーダーとフォロアーがお互いに「なにをやろうとしている(やっている)」のか共有しあっているか、を考えます。

女性リーダーが新人男性に対して行おうとしている働きかけとして考えられることは・・・
  • 「仕事をする際の正しい優先順位を知らせる」
  • 「業務知識や技術的知識を学習させる」
  • 「参考ドキュメントを読ませる」
  • 「覚えられるようにメモさせる」
  • 「適切な説明や回答がするスキルを身につけさせる」
  • 「独りよがりな発言を避け、先輩や同僚への敬意を表す、敬語を適切に使うようにさせる」
  • 「挨拶やお礼を適切にさせる」
などなど、ストーリーから読み取れます。
すべて、「日常業務を社会人として円滑に行う」 ために必要な指導です。

さて、フォロアーは現状のこれらの働きかけをどう感じているでしょうか?
フォロアーは自分で、そういった働きかけを必要だと感じているでしょうか? 
自分がこれらの分野で改善が必要だと感じているでしょうか?

ストーリーを読むと、必要だと感じていないように感じられます。

となると、女性リーダーが掲げているタスクに対して、フォロアーのレディネスは低能力・低意欲のR1、とリーダーは診断します。

R1のレディネスに最適なリーダーシップは?
S1(教示的スタイル)です。

この女性リーダーは、新人男性に対して指導がうまくいかずイライラしているようです。
本当はS1(教示的スタイル)をとりたいのに、サポートの立場とあるので、思うように指導育成ができないのでしょうか?

「10人中8人はこれでわかるよねというレベルの質問を理解してくれない」ということですが、このような表現はよく聞かれます。

これは教科書p.149の「暗黙の期待は危険!」にあたります。「こんなこと常識でしょう?」や「10人中8人はこれでわかる」は、自分にとってそうなのであり、社会の人々全員がそう感じているかどうかは確認しなければわかりません。思い込んで一方的なリーダーシップをとるのは危険です。

フォロアーに直接確認することが、相手のレディネスを的確に診断するもっともよい方法です。

最後に、状況対応リーダーシップ®をさらに掘り下げて、行動科学のいくつかの理論やモデルを使って、フォロアーの欲求はなにか、表面に現れていないフォロアーの動機を深掘りすることもできます。それが最後の項目の「フォロアーの欲求」になります。

このストーリーでは、情報が不十分なので割愛します。

勉強会や講座では、このように整理・分析した上で、「では、これからどうするか」を具体的な行動をあげて検討します。

常時受付インターネット講座のご案内
その他の常時受付講座

リーダーシップストーリー®基礎講座
受講料5,400円(半年間)
リーダーシップストーリー®のビフォーアフターを作り、行動科学と状況対応リーダーシップ®で分析することで、現状の枠を乗り越え、次のステップに進みます。

S.L.リーダーシップ診断とフィードバック講座
受講料38,880円(半年間)
通常2日間で学習する状況対応リーダーシップ®を半年間のインターネット講座で学習します。リーダーシップ診断結果を用いて自分の強み弱みを把握し、行動計画を作成します。
お申込みはメールアドレスご登録後、Paypalでお支払い。Paypalアカウントをお持ちでない方は、こちらからお申し込みください。

出版をめざす研究コース
体系的な理解と自分のフレームワークづくりをめざします。

2019年10月14日月曜日

CLSアメリカ本部ニュースレター2019年10月号

Situational Leadership®(状況対応リーダーシップ)の本拠地CLSアメリカ本部からのニュースレター「It's Situational!(状況に対応する!)」をご紹介します。内容は英文ですが、ご関心のある記事がありましたら、ご連絡ください。


 
 
 
Making_The_Case_for_Leadership_Development
 
As a learning leader, you understand the importance of leadership development programs, but do your stakeholders? 
 
As you begin planning your leadership development strategy for 2020, it’s important that you can show the value these programs will bring to the organization. Download this infographic for insights on h ow to build a business case for leadership development and ti ps for strategic implementation to ensure success.
 
DOWNLOAD NOW
 
 
Sub_WBN_Adaptable_Leadership
 
WEBINAR
Adaptable Leadership: It's Situational AND Social
 
Join us for this complimentary webinar! Your hosts, Drs. Sam Shriver and Casey Mulqueen, will present evidence that leaders who recognize how their SOCIAL STYLE® affects their Leadership Style are more adaptable and effective.
 
REGISTER NOW
Sub_TI_COL_Percolating_Builds_Depth.png
 
BUILDING LEADERS COLUMN
Percolating Builds Depth
 
 
This Building Leaders column in Training Industry Magazine by Sam Shriver and Marshall Goldsmith explains the value of percolation and introspective reflection in formalized leadership learning.
 
 
READ NOW
 
 
TI_Article_Org_Resiliency.png
 
Organizational Resiliency: A Function of Leader Adaptability and Versatility
 
Adaptability and versatility are critical to the success of today’s leaders. Read this featured article in Training Industry Magazine by Dr. Sam Shriver, Executive Vice President at The Center for Leadership Studies, and Dr. Casey Mulqueen, Senior Director of Learning and Development at TRACOM Group, for research insights on the synergies between the Situational Leadership® Model and SOCIAL STYLE®.
 
READ ARTICLE
 
 
Changing_Leadership_Training_Providers_275x156.png
 
BLOG POST
Should You Change Leadership Training Providers? Four Ways to Tell
 
Your choice of a leadership training provider is one of the most important business decisions you’ll make. Read this post to evaluate and consider if you’re partnered with the right organization for your developmental needs.
 
 
READ BLOG POST
Challenge_of_Leading_High_Performer_275x156.png
 
BLOG POST
The Challenge of Leading a High Performer
 
 
As managers, we assume that leading a high performer amongst the rest of our team is “the easiest.” Read this post to ensure that you’re giving this individual the right leadership style and revisiting how you can continuously improve your adaptability.
 
READ BLOG POST
 
 
Hero_ESL
 
The best leaders understand that leadership is a direct result of effective influence, and that the key to effective influence is power. 
 
Available through online* and instructor-led training, Empowering Situational Leaders™ is designed to engage all learners. Video-driven case study activities and targeted skill-building activities teach participants how to develop and leverage their power bases to lead more effectively. Empowering Situational Leaders™ teaches learners how to establish credibility, trust and expertise with those they lead. Leaders who have the trust of their employees are more likely to drive change that impacts organizational performance.  Bring out the best in your leaders by arming them with the skills they need to succeed!
 
LEARN MORE
 

2019年9月24日火曜日

【あなたのストーリー】一緒に考えましょう

人間関係や仕事で気がかりなことや迷っていること、「あなたのストーリー」投稿お待ちしています。


人間関係や仕事で気がかりなことや迷っていることなど、一緒に次のステップを考えます。
  1. あなたのストーリーを投稿フォームから投稿してください(匿名、非公開)
  2. 行動科学と状況対応リーダーシップ®の専門家が、あなたのストーリーについて質問をします。
  3. あなたは質問に回答してください。
  4. 情報がそろいましたら、行動科学と状況対応リーダーシップ®に基づいてあなたのストーリーを分析し返信します。
  5. 次のステップに納得が行くまで、一緒に考えます。
進め方
  • 職場の人間関係が憂鬱、上司にイライラする、一所懸命やっているのに評価されない、○○さんとうまくいかない、などなど、気になっていることを500~1000字程度で投稿してください。
  • おそらく500~1000字程度では伝えきれないと思います。
  • 投稿後、専門家が【あなたのストーリー】を理解するまで、質問を送りますので、質問にこたえてください。
  • 【あなたのストーリー】の全容が見えてきたら、以下の基本の教科書「12のリーダーシップストーリー」に基づいて、あなたの状況がどのようなものか分析し返信します。
  • 納得いくまで一緒に分析しましょう。
  • 分析しながら、次のステップを考えていきましょう。
投稿フォーム

基本となる教科書
全国有名書店にて発売中!

だれもが発揮できる効果的なリーダーシップについての12のストーリー
大物成功者、カリスマ‬、エリートのリーダーシップではなく、日頃使える私たちのリーダーシップを紹介・解説しています。

目次
はじめに 「リーダー教育‬」ではなく、「リーダーシップ」教育をせよ
PART1 「リーダーシップ」ってなに?――リーダーシップの基本「タスクのとらえ方」と「状況対応リーダーシップR」を整理する
 1 部下を「ロボット扱い」する困った女性上司
 2 民主的リーダーは度を過ぎればあだとなる
 3 情緒不安定な部下をもてあます男性課長

PART2 リーダーシップには「共通言語」がある――「行動科学‬」と「状況対応リーダーシップR」はどう使うか

PART3 リーダーシップのかたちは一様ではない
 4 「ハートセンター」開設に医師の意見を重んじる院長
 5 上司の無謀な決定を上手に軌道修正した部下
 6.「将来は米国で外交官に」――国際親善活動から学ぶ日々
 7.「貧困でも学びを」が校長の思い。初のバイリンガル小学校
 8.上場プロジェクトに部署を超えて選ばれた3人
 9.4代目は息子か、娘かで揺れ動く老舗和菓子社長

PART4 自分の中にある「リーダーシップ」を活かす
 10.「サークルを作る」と宣言し、仲間を募った男子大学生
 11.南アフリカで「弱者の経済的自立を」応援する女子大生
 12.ひとりの思いつきが400人規模のシンポジウム開催へ

進化する教科書チーム著
網あづさ
渡部誠・山縣いつ子・桃井庸介・藤原徳子・村島さい子・橋本壽之・フレデリック・ヒューエット・中山雅一・小川優・小林三輝也・石井和加子・河村友紀・千葉裕子・山脇朋子

2019年9月16日月曜日

自分がいた環境によって、将来は影響されるか?

ある勉強会で、「環境はコンテンツ・リーダーシップになりますか?」という質問がありました。
環境とは、自分がいた環境。
将来が影響されるとは、その環境によって自分の将来行く道が影響を受けるかどうか、という質問でした。

コンテンツ・リーダーシップとは、リーダーシップをプロセスとコンテンツに分ける場合、道筋を導くのがプロセス・リーダーシップ、道筋を進むために必要な知識やスキルなどの能力、進んでいくための心理的なサポートなどをコンテンツとし、これをコンテンツ・リーダーシップと呼んでいます。

状況対応リーダーシップ®(S.L.理論)に照らすと、コンテンツ・リーダー(コンテンツ・リーダーシップ)は、
  • 能力を高めてくれる指示的行動、または
  • 意欲を高めてくれる協労的行動
の両方、あるいはどちらかを与えてくれるモノ、コト、ヒト、etc.

バングラディシュで半年間インターンを経験した大学生が、今年外資系の経営コンサルタント会社から内定を受けました。彼曰く、

「おそらくバングラデシュという環境自体が経営コンサルタントになるというゴールに対しての大きなコンテンツリーダーだったと思います。」

バングラディッシュという環境に、どのようなモノ、コト、ヒトがあり、どのような影響を与えたのか。
考えられるのは、たとえば、貧困を目の当たりにしたこと、グラミン銀行のユヌス氏と会ったこと・・・
当事者なら、自分にとって印象的だったこと、インパクトがあったこと、思いつくたくさんのモノ、コト、ヒトがあると思います。

それによって、新しいアイディアや考え、新しい関心、動機、意欲、新しい行動が生まれたとしたら、そこに新しい方向づけや動機づけがあったことになります。方向づけや動機づけを与えてくれるのはリーダーシップです。

あそこに行こう、こんなことをしたいというように、コンテンツに関わることなら、コンテンツ・リーダーシップです。

===
S.L.セルフ®とは

S.L.セルフ®は、自分の生活、成長、人生というプロジェクトを、状況対応リーダーシップ®(S.L.)でマネジメントするという考え方です。
  • プロジェクトを進めるプロセス・リーダーは自分、
  • 指導や支援を得られる元がコンテンツ・リーダー



コンテンツ・リーダーは、ヒトだけではなく、知識を与えてくれる情報、経験やスキルを与えてくれるモノやコト、自信や意欲を高めてくれる家族や友人・知人、癒やしてくれる動物や植物、その他なんでも、つまり、レディネス(能力・意欲・自信)を高める働きをするものすべてです。




常時受付インターネット講座のご案内
その他の常時受付講座

リーダーシップストーリー®基礎講座
受講料5,400円(半年間)
リーダーシップストーリー®のビフォーアフターを作り、行動科学と状況対応リーダーシップ®で分析することで、現状の枠を乗り越え、次のステップに進みます。

S.L.リーダーシップ診断とフィードバック講座
受講料38,880円(半年間)
通常2日間で学習する状況対応リーダーシップ®を半年間のインターネット講座で学習します。リーダーシップ診断結果を用いて自分の強み弱みを把握し、行動計画を作成します。
お申込みはメールアドレスご登録後、Paypalでお支払い。Paypalアカウントをお持ちでない方は、こちらからお申し込みください。

出版をめざす研究コース
体系的な理解と自分のフレームワークづくりをめざします。



   

2019年9月3日火曜日

リーダーシップ地図®とリーダーシップ項目診断表

ある勉強会で「12のリーダーシップストーリー、課題は状況対応リーダーシップ®で乗り切れ(以下、12LSと略します)」を使ってリーダーの方々のお悩みを話し合う機会をいただきました。


事前に「リーダーのお悩み」として参加者の方々からエピソードをいただきました。それを、12LSで解説されているリーダーシップ地図®とリーダーシップ診断項目表を使って、解決案を考えてみることにしました。




さて、まずひとつめの「リーダーとしてのお悩み(1)」です。現場の生々しい? 生き生きとしたお悩みです。

============
リーダーとしてのお悩み(1):見積はだれが作った?
ご自分の立場:プロジェクトリーダー(女 30代)
悩んでいる相手:自分の上司(男 40代)

以前、あるプロジェクトで見積もりをしたところ、上司から「これは高すぎるだろう!もっと安くできないの?これでは受注できないよ。」と言われました。
当時のわたしは見積もりの根拠を説明しましたが、それに納得してもらえず、かといって、受注できないのはまずいと思い、結局、上司が言う通り、根拠なく2割減で見積もりを出して案件を受注しました。

しかし、結局当初見積もっていた程度の工数が必要になってしまい、赤字を出してしまいました。
それに対して、上司は、途中でフォローしてくれるどころか、「何故もっとうまくやれないのか?見積もりしたのはあなたでしょ。」とハシゴを外されてしまいました。

プロジェクトの状況は毎週報告していましたし、上司は顧客とも長いお付き合いがあるので、もっとうまくやれたのではなかったかと思います。

こんな状況だったのですが、リーダーとしてどうすればよかったでしょうか。
============

30代の女性プロジェクトリーダー、こんなことはよくある話だと聞きました。さて、どうしましょうか。

こんなことが繰り返されたらやる気なくなりますね。上司は最低!と思いますね。

こんな状況を「12のリーダーシップストーリー、課題は状況対応リーダーシップ®で乗り切れ」で整理してみます。そして、自分なりの解決案を検討してみましょう。

最初に、リーダーシップ診断項目表を使って整理します。
リーダーシップ診断項目表では、「現在、目の前で行わているリーダーシップは、どのような状態か?」を整理するために、以下の項目に分解して検討します。
  • やろうとしていること、やっていることはなにか? 
  • だれがやろうとしているのか? 
  • だれと一緒にやろうとしているのか? 
  • お互いに「なにをやろうとしている(やっている)」のか共有しあっているか?
  • リーダーのとっている行動は適切か? 
  • 適切ではない? フォロアーの動機を深掘りしてみよう

これらの項目で掘り下げようとしていることは、次の通りです。
  • やろうとしていること、やっていることはなにか? 
(目標やタスクはなにか?)
  • だれがやろうとしているのか? 
(目標の結果責任を負っているのはだれか?⇒リーダー)
  • だれと一緒にやろうとしているのか?
(協力者やスタッフはだれか?⇒フォロアー)
  • お互いに「なにをやろうとしている(やっている)」のか共有しあっているか?
(目標やタスクのすり合わせ、共有度はどの程度か?)
  • リーダーのとっている行動は適切か? 
(リーダーのスタイルとフォロアーのレディネスはどうか?)
  • 適切ではない? フォロアーの動機を深掘りしてみよう
(フォロアーの欲求は何か?)
うーん、なんだかよくわからない用語やら発想が出てきていると感じましたか?

そう、12LSでは、行動科学と状況対応リーダーシップ®という基本的な枠組みを基盤にしています。これから進める上で、まずは共通の考え方、共通の言語を共有する必要があります。12LSを読んでいる時間がないという方、ぜひ学習ノート「周りと自分のやる気を引き出すリーダーシップ<周り編>」を読んでみてください。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B075TVWZN1/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=ulspublication-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B075TVWZN1&linkId=a5745123f2b8243734e9bf4c799cf833


常時受付インターネット講座のご案内
その他の常時受付講座

リーダーシップストーリー®基礎講座
受講料5,400円(半年間)
リーダーシップストーリー®のビフォーアフターを作り、行動科学と状況対応リーダーシップ®で分析することで、現状の枠を乗り越え、次のステップに進みます。

S.L.リーダーシップ診断とフィードバック講座
受講料38,880円(半年間)
通常2日間で学習する状況対応リーダーシップ®を半年間のインターネット講座で学習します。リーダーシップ診断結果を用いて自分の強み弱みを把握し、行動計画を作成します。
お申込みはメールアドレスご登録後、Paypalでお支払い。Paypalアカウントをお持ちでない方は、こちらからお申し込みください。

出版をめざす研究コース
体系的な理解と自分のフレームワークづくりをめざします。