2020年4月25日土曜日

CLSアメリカ本部ニュースレター2020年4月号

Situational Leadership®(状況対応リーダーシップ)の本拠地CLSアメリカ本部からのニュースレター「It's Situational!(状況に対応する!)」をご紹介します。内容は英文ですが、ご関心のある記事がありましたら、ご連絡ください。

Center for Leadership Studies
 
 
 
Leading_DiSC_Styles_Through_Challenges.jpg
 
 
Leading DiSC® Styles Through the Challenges of Remote Work
 
When leading through times of intense change, it is important for managers to understand their employees’ individual needs. As organizations across the globe shift to working remotely, many of them for the first time, learning about individuals’ DiSC® styles can help you better understand their needs and communication style. Download this helpful article to learn more about each individual DiSC® style and consider where your employees may fit!
 
 
 
 
Now Certifying for Virtual Delivery Across Your Organization
 
Register now to get certified to deliver Situational Leadership®: Building Leaders Virtual in your organization!
 
 
 
 
COVID-19_sub.jpg
BLOG SERIES
Leading Through COVID-19
In such times of uncertainty, strong leadership is more important than ever before. Check out our weekly blog series for helpful insights and tips to guide leaders at all levels through these challenging times. 
 
 
 
NOW AVAILABLE
Online Situational Leadership® Training
 
Our online courses are now available for professional development! Become a Situational Leader from the comfort of your home or wherever you choose to access training.
 
 
 
 
Situational Leadership®: Building Leaders Online
 
Our flagship course serves as the foundation to empower leaders with strategies to enhance performance and teamwork.
 
Situational Leadership®: Taking Charge Online
 
This course enables individual contributors to effectively communicate their performance needs to their supervisors.
 
Empowering Situational Leaders™ Online
 
This course teaches participants how to leverage the different power bases to establish credibility, trust and expertise with those they lead.
 
 
 
remote-employee-handbook
The Remote Employee Handbook
 
Download this incredibly useful how-to guide filled with tactical tips on how to be most productive while transitioning to a work-from-home environment.
 
remote-manager-handbook
The Remote Manager Handbook
 
Download this handbook for actionable insights on how to effectively manage your team through change and uncertainty while driving engagement.
 
 
 
Limited Time Offer!
Use code "BEWELL" to receive $300 off any Situational Leadership®: Building Leaders Virtual public workshop!
 
 
 
 
NEW! Remote Certification
 
This new certification option allows trainers to become certified to deliver Situational Leadership®: Building Leaders in a classroom setting without the added expense of travel.
 
 
 
Top_20_em_sub_3.jpg
PRESS RELEASE
CLS Named to Training Industry Top 20 List
 
BLOG POST
The Impact of Situational Leaders
 
A_Place_to_Start_sub_sm.jpg
BLOG POST
A Place to Start ... or Start Over
 
 
 
BLOG POST
Executive Coaching: A Prescription During Crisis
 
Social_Distancing_pt1_sub.jpg
BLOG POST
Social Distancing Versus Physical Distancing: Part 1
 
Social_Distancing_pt2_sub.jpg
BLOG POST
Social Distancing Versus Physical Distancing: Part 2
 
 
 







   

2020年4月10日金曜日

テレワークには、タスクをはっきりさせることが重要

新型コロナへの予防策として、今年になって急にテレワークへの移行が必要と言われるようになりました。
それでもテレワークは進んでいない・・・という実態があるそうです。

テレワークが進まない理由に、「経験者から学ぶ!テレワークのデメリットと課題の解決方法」によると、以下のようなものがあるそうです。

  • 在宅勤務の就労実態を正確に把握できない
  • 業務の見える化を共有できない
  • オフィス勤務と同じ人事評価をしている
  • 在宅だと勤務中でも家族から用事を頼まれやすい

業務を見える化し、仕事振りを測る方法、それはまさに状況対応リーダーシップ®で行っていることです。「タスク」⇒「育成(レディネス+リーダーシップ)」⇒「人事評価」、この流れが状況対応リーダーシップ®です。

同じ職場で対面で仕事をしていれば、目に見えている情報だけで、お互いのあうんだけでわかりあえることはたくさんあります。あえて文書化したりマニュアルを作らなくても、OJTとして済む仕事や育成はたくさんあります。しかし、テレワークだとそれは難しくなります。

状況対応リーダーシップ®の最初のステップ「タスク」を上司と部下の間できっちりさせることや、その「タスク」毎の部下のレディネスを上司との間で合意することは、お互いの誤解や勘違いを減らし、「タスク」をより明確にとらえることができます。


与えられたタスクを進めるのに、どれくらいの時間がかかるか、それは部下のレディネス次第です。レディネス診断をすれば、およその必要時間を上司と部下で合意することができます。決まった時間しかなければ、そのレディネスの部下について割り当てるタスク量を変えることができます。在宅勤務者も必要時間がわかれば、在宅で家族から用事を頼まれても、自分に与えられた時間は決まっているので管理しやすくなります。

遠隔地でも上司は、部下のレディネスをテレワークの報告などを通して確認することができます。「タスク」毎に「できているか?できていないか?、確信・意欲がある?ない?」の簡単な質問だけでレディネス診断でき、そのまま必要なリーダーシップ・スタイルがわかります。

評価に驚きがあってはならない」、これは状況対応リーダーシップ®の鉄則ですが、部下がどのような基準で評価されているのかを知ることは重要です。部下のやる気につながります。


常時受付講座のご案内
その他の常時受付講座

リーダーシップストーリー®基礎講座
受講料5,400円(半年間)
リーダーシップストーリー®のビフォーアフターを作り、行動科学と状況対応リーダーシップ®で分析することで、現状の枠を乗り越え、次のステップに進みます。

S.L.リーダーシップ診断とフィードバック講座
受講料38,880円(半年間)
通常2日間で学習する状況対応リーダーシップ®を半年間のインターネット講座で学習します。リーダーシップ診断結果を用いて自分の強み弱みを把握し、行動計画を作成します。
お申込みはメールアドレスご登録後、Paypalでお支払い。Paypalアカウントをお持ちでない方は、こちらからお申し込みください。

出版をめざす研究コース
体系的な理解と自分のフレームワークづくりをめざします。